古くから漢方薬に使用されている薬用植物の1つに“桑”があります。
実は桑の栄養成分を毎日の生活に取り入れることで、きれいへと近づくことができます。
たとえば糖分の吸収をおさえてくれたり、むくみが解消されたりする効果があるためダイエットに有効です。
また便通もよくなるため、お肌もきれいになるなど嬉しい効果も期待できます。

<桑には痩せるのに必要な栄養がつまっている>
糖分の吸収をおさえてくれるDNJや、むくみを改善してくれるカリウムにより、太りにくくなることができます。

■DNJ摂取はダイエットに有効
桑に含まれているDNJという成分が、ダイエットを助けてくれます。
この成分は摂りすぎると太ってしまう原因になる糖分を、体に吸収させずに排出してくれる効果があります。
より効果的に摂取するには、食前に取り入れることがポイントです。

■カリウムは、むくみを解消してくれる
むくみの改善にはカリウムが有効です。
体に水分がたまってしまうことで、むくみを引き起こします。
その原因はたくさんありますが、このうち塩分や水分の摂りすぎでむくんでいる場合にカリウムは有効です。
カリウムは尿の排出を促す効果があり、体にたまったものを出してくれることにより、むくみが改善します。

このように、きれいに痩せるために桑をとってみるのもひとつの方法です。

<食物繊維とDNJをとることで、便秘を解消できる>
豊富に含まれている食物繊維とDNJを取り入れることで、便秘を改善することができます。

■食物繊維によりお通じが良くなる
桑にたくさん含まれている食物繊維をとることで、排便がスムーズになります。
これは、食物繊維には腸を刺激して動きを良くし、便の量を増やす効果があるためです。

■DNJをとることで腸内環境が整う
DNJには、小腸での糖分の吸収をおさえ、大腸にも糖分が運んでくれる働きがあります。
大腸に運ばれた栄養は、大腸に住む細菌である腸内フローラのエサとなり、善玉菌と悪玉菌と日和見菌のバランスが整えます。
その結果、腸内環境が整い、便秘が解消します。

また腸がきれいになることでニキビやくすみなどの肌トラブルの改善も見られます。

体に良い影響をもたらしてくれる桑は、日常生活でぜひ取り入れたいものです。
摂取する方法はいくつかありますが、その中のひとつに“青汁“があります。
青汁は他の栄養成分も一緒に含んでおり、効率よく良質な成分を摂取できる優れたアイテムです。

関連記事