脱毛の方法には、さまざまな種類があります。自宅で自分で処理する方法から、クリニックや脱毛エステで行う、本格的な脱毛まで。ムダ毛に対する考え方や体質によって、どう処理したいかは人それぞれだと思います。あなたのスタイルに合った方法を選び、女性として美しく輝いていきたいですね。
[ひとことで脱毛と言っても、方法はさまざま〜本格脱毛にも種類があります]
まず脱毛は、自宅で自己処理する方法と、クリニックやサロンで本格的に施術してもらう方法があります。
自宅で行う方法は、次の通り。
・毛抜き
・カミソリ
・除毛クリーム
・ワックス脱毛
・家庭用脱毛機
クリニックや脱毛サロンで行う脱毛には、次の種類があります。
・光脱毛(フラッシュ脱毛)
・レーザー脱毛
・ニードル脱毛(電気脱毛)
自宅で自己処理する場合、とても手軽で費用はほとんどかかりませんが、根本的にムダ毛を根絶するわけではなく、男性の髭そりのように、「目立ってきたら処置をする」を一生繰り返すわけです。
その点クリニックや脱毛サロンで行う脱毛は、毛根にアプローチしてムダ毛を根こそぎなくすため、一度行うと一生ムダ毛処理に悩まされなくて済むようになります。ここでは、クリニックや脱毛サロンで本格的に行われる脱毛の種類を詳しく説明していきます。
[エステやクリニックで行われる3種類の脱毛法〜そのメリットとデメリット]
本格的な脱毛を行うサロンやクリニックでは、脱毛機器を使用します。その種類は主に3つに分けられます。
●光(フラッシュ)脱毛
カメラのストロボのような光を当てて、毛穴の組織を破壊します。この方法は、主に脱毛サロンで使われています。光脱毛のメリットは、痛みが少なく、施術時間が比較的短いというところです。
フラッシュ脱毛は広範囲に光が拡散するので、処理できる範囲が一番広いのが特徴です。ただ、照射するフラッシュが穏やかなため、効果がでるまでレーザー脱毛よりも多少時間がかかる傾向があります。
●レーザー脱毛
皮膚の表面にレーザーの光を当てて、毛穴の組織を破壊します。メラニンと呼ばれる毛の黒い色素がレーザーに反応して熱を帯び、毛穴の奥にある根っこの部分を焼いてしまいます。この方法は、クリニックで用いられます。
レーザーの光はフラッシュより強力なため、光脱毛よりも短期間で効果が期待できます。しかし、痛みや肌への負担は光(フラッシュ)脱毛の方が少なく済みます。
●ニードル脱毛
ニードルとは、針のこと。毛穴に針を刺して弱電流を流すことで、毛穴の組織を破壊します。レーザーやフラッシュ脱毛が登場する以前は、このニードル方法が脱毛法の主流でした。
ニードル方法は毛穴に針を入れて1本1本処理するため、着実に脱毛できるものの、大変手間と時間がかかります。施術を行う脱毛士のスキルによって効果が大きく左右されます。また、針を刺して電流を流しますので、かなりの痛みを伴います。医療機関によっては麻酔を施すケースもあると言います。
[3つの脱毛法の比較]
効果が抜群ですが大変な痛みと手間が伴うニードル脱毛は、新しい脱毛法がでてきたためにあまり使われなくなりました。現在多く使用されている脱毛法は光脱毛とレーザー脱毛です。光脱毛はサロンで、レーザー脱毛はクリニックで、それぞれ施術してもらえます。
ニードル脱毛は全く行われなくなったわけではなく、一部のサロンやクリニックで利用することができます。それぞれにいい点と悪い点があります。
・費用
・効果
・かかる時間
・肌への負担など、
自分がなにを一番優先したいかを抑えておくと、どの脱毛法が合っているかがわかります。以下の比較を参考にしてみてください。
・費用
安い:光(フラッシュ)脱毛 < レーザー脱毛 < ニードル脱毛:高い
・痛み
弱い:光(フラッシュ)脱毛 < レーザー脱毛 < ニードル脱毛:強い
・かかる時間
短い:レーザー脱毛 < 光(フラッシュ)脱毛 < ニードル脱毛:長い
・効果
緩やか:光(フラッシュ)脱毛 < レーザー脱毛 < ニードル脱毛:確実

関連記事