占術を探す

占いの4つのタイプとは?

占術は、大きく分けると「命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)・霊(れい)」の4つに分類されます。あなたが占いたい内容によって、ふさわしい方法が異なります。長期的な運勢を知りたいのか、目の前の問題の答えが欲しいのか、また、自分のことをよく知りたいのか、など。

自分がなんのために占いを行いたいのかを明確にしましょう。また、あなたが理論派なのか、見えない力を信じる直感型なのかによっても、相応しい占術は変わってきます。

生まれ持った運命や独自の性質を知りたい人へ~命(めい)占い

命(めい)占いは、生年月日によって鑑定を行う占術です。その人が生まれたときの星の配置から運勢をみてきます。もともとの持って生まれた運命や宿命を知りたい方に適した方法です。

生き方や進むべき道について知りたい人、自分がどんな人間なのか理解したい人におススメですが、性格診断や自分の適正や才能、相手との相性なども占うことも可能。幅広い相談内容に適しています。

命占いの種類は、西洋占星術(12星座)・四柱推命・算命・数秘術・九星気学・六星占術・0学占いなどです。

一番ポピュラーなのは、西洋占星術(12星座)。いわゆる“星占い”ですが、星座と惑星の位置を組み合わせて占うホロスコープや、質問をした時間帯の星の位置まで調べるホラリー&エレクション占星術など、さまざまなものがあります。

命占いは、直感や霊感を使うスピチュアルな占術とは違い、知識や理論を使って行う、一種の学問です。そのため、きちんとした理屈で理解したい人、霊的なものに不信感を抱いている人に適しています。

目の前にある問題を解決したい人へ~卜(ぼく)占い

タロットカードやおみくじなど、道具を使って、目の前にある悩み事の答えを導き出すのが卜(ぼく)占いです。

卜占いで大切にしていることは、「いまここで、あなたが何を引くか」というタイミング。そのため、現在の状況把握や近い未来のことを占うのに適しています。

彼氏と別れたほうがいいのか、転職のタイミングはいつがいいのかなど、現実的な目の前の問題に対してアドバイスが欲しい人に向いています。

命占いのように、カードの種類や意味合いなどの理論的な面もありますが、あなたが何を引くかは、見えない力が働く部分です。そういった意味でスピリチュアル的要素も強いといえるでしょう。

もともとカード占いなどが好きな方、直感や見えない力を信じる人に向いています。

あなたの性格や才能、いまの現状を占いたい人へ~相(そう)占い

相(そう)占いは、手相や人相、姓名判断など、その人が持っている情報から吉凶を占っていきます。家の配置などで占う風水も相占いに属します。

鑑定するのに長い時間がかからず、占い師がぱっとみてすぐにわかるため、とても気軽に占ってもらえるところが長所です。あなたの性格や才能、人となりを判断することができます。

風水は、家の建て替えや模様替え、引っ越しの際などに大いに役立ちます。また、姓名判断は名前の画数から吉凶を判断するため、子供の名前をつける際などに重宝します。

スピリチュアルが好きな人へ~霊(れい)占い

霊(れい)占いは、その名の通り、見えない霊的な力によって行われる占術です。中には卜(ぼく)占いとミックスして行われる場合もあります。

スピリチュアルカウンセリング、チャネリング、オーラ診断、透視、霊視、前世占いなど、種類はさまざま。見えない力を感じるものであって具体的な根拠がないために、ホンモノと偽物の区別がつきづらいというところが難点でしょう。

どんな相談事にも対応してもらえますが、的中率の高さや鑑定が役に立つかどうかは、占い師能力や技量、また人間性に大きく左右されます。神秘体験がしたい人、見えない力を信じている人におススメです。

占術は多種多様~あなたにふさわしい方法を選びましょう

占いは多種多様

しっかり勉強してきた先生なら、あなたの相談内容に応じていくつかの占術を組み合わせて診断してくれます。「どれにしたらいいかわからない」という人はいくつもの占術を行える人をみつけて、相応しい方法で占ってもらうといいでしょう。

また、対面が苦手な方は、電話占いという方法もあります。電話占いでもさまざまな占術が試せます。自室から気軽に行えますので、一番リラックスした状態で鑑定してもらえるのが利点です。

手相や姓名判断などを気軽に試してみたい方は、専用アプリもたくさんでていますので、チェックしてみてください。

通信機器が発達している昨今では、本当にさまざまな方法で占術が楽しめます。深刻な悩みからちょっとした好奇心で試してみたい方まで、自分のスタイルにあった占術を探してみましょう!

関連記事