ダイエットをする際に、「運動する」「食事を減らす」ことは避けては通れない永遠の課題です。
食事制限なしで運動もせずに減量できれば一番いいのですが、そんな魔法のようなことは起こりません。
そこで運動と食事を減らすことどちらのほうがやりやすくてリバウンドも少ないのか見ていきましょう。

■継続的に運動するのは大変です
減量するために、ジョギングなどの有酸素運動や筋トレを毎日続けて基礎代謝をあげることは、なかなか難しいです。
やらなきゃ体重が減らないのはわかっているし、お腹周りの脂肪をはやくなんとかしたい気持ちはあっても、運動を続けることは大変です。
もちろん運動は健康な体を作るためにはやったほうがいいですよ。
しかし、ダイエットの結果としてすぐに効果が出にくいので、運動そのものが好きな人でないとなかなか続きません。

■食事量を減らすことを意識しましょう
食事制限なしのダイエットがあれば、多くの女性が救われるのは明らかです。
しかし、実際は食事制限なしで消費カロリーを上げるために運動するよりも、食事量を減らすほうが明らかに簡単なのです。
減量に成功して脂肪も落ちてスリムになった身体をイメージしたり、夏にかわいい水着を着て彼氏と海に行きたいなど目標を持てば、多くの人にとって多少の食事制限は簡単な場合が多いといえます。

関連記事