食事制限なしのダイエットには運動が少なからず必要です。
減量するためには摂取カロリーより消費カロリーが多くなければいけないからです。
ではダイエットに効果的な運動とはどんなものなのでしょうか?

■基礎代謝を上げるための筋トレ
基礎代謝とは、1日に生活するなかで勝手に消費されるカロリーのことです。
基礎代謝は年齢とともに少なくなってくものですが、筋トレによって筋肉量を増やせば基礎代謝をアップさせて太りにくい体質を手に入れることができ、ダイエットに効果的です。
筋トレで大切なのは大きな筋肉を鍛えること。
お腹周りをスリムにするために腹筋をしてもたかがしれています。
そこでおすすめしたい筋トレがスクワットと腕立て伏せです。

スクワットは、身体の中でもっとも大きい太ももの筋肉を効率的に鍛えることができます。
1日100回を目標に取り組んでいきましょう。
腕立て伏せは、太ももの次に大きい胸の筋肉を効率的に鍛えることができます。
腕立て伏せには、女性に嬉しいバストアップの効果もあるので減量だけでなく女性らしさもアップするのでおすすめです。
食事制限なしで体重を減らそうと思ったら、効果的な筋トレが欠かせません。

■実は痩せにくい有酸素運動
ダイエットのために、まずはジョギングという形で走り始める人は多いです。
走っていれば運動している気になれるので食事制限はなしでもいいかと思いがちですが、ジョギングで消費できるカロリーはたかがしれています。
約30分のジョギングで4kmほど走った場合、220キロカロリーが消費できます。
これはご飯一杯分のカロリーに相当します。
そのため減量するには、ジョギングよりは、普段の生活で消費される基礎代謝のカロリーを高めるほうがいいでしょう。

関連記事